You are here

Pray for Japan! / 311東北大震災直後のブログ

ます始めに、

東北太平洋沖地震で、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
そして、被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

—–

もう少し落ち着くまで、ブログは控えようかと思いましたが、
今日のうちに、今、感じていることを、ここに残しておこうと思います。

なぜなら、
日本が、あなたが、私が、明日の朝、どういう状況に置かれているのか、
はっきりと名言できない事態になってきているから。

2011年3月11日(金) 大変な事が日本に起きてしまいましたね。

世界最大級のマグニチュード(M)9.0の地震が、東北地方で発生し、
揺れに続き、悪魔のような津波が人と町を飲み込んでいきました。

想像を絶する無惨な映像を見て、最初に出た言葉は、“Why?”

“普通に暮らしていた人々の命が、何故、一瞬で奪われないといけなかったのだろうか?”
自然界の神様なのか、よくわからないヒト/モノに疑問を投げかけていました。

天災だから仕方がない、と最終的に思える日が来るのかな、
そう思わないと前に進めないから、思い込むしか選択がないのかな。

遺族の方、被災者の方が、そんな気持ちになれるまで、
彼等が、元の生活に近い生活を笑顔で送れるようになるまでは、
世界中の人が彼等を見守ってサポートをしていく責任があると思っています。

たまたま今回は、日本だったけれども、
いつどこでどんなタイミングで天災が襲ってくるかはわからないから。

私が住む、東京でも、今もなお、余震が続いています。
二転三転する計画停電からも大分ストレスを感じている人が増えているでしょう。

ライフラインの確保の為にと、皆が焦って食料、生活用品を買い貯めた結果、
スーパー、コンビニの棚から商品が消えました。

そして、なんといっても福島の原発、これは最大の不安要素です。
放出された放射性物質が私たちの身にいつ襲ってくるのでしょう。

政府の発表とは、真逆の意見をもつ専門家のブログ、
度々回ってくるチェーンメール…etc
誰からのどの情報を信じていいのか、悩んでしまうことも。

今後予想される二次災害、三時災害を避けようと、
既に先手を打って動き出している人たちもいますし、
そういう彼等と同じ行動をとるのか、とらないのか、もジャッジが大変。

ただ、1つ言えるのは、自分で決断をすることが大事ってこと。

グループ行動する時に協力し合うのは当然だけれど、
自分で判断が出来る立場にある時は、自分を信じるしかないわね。
周りの情報を聞く体制は常に持っておいた方がいいけれど、
あくまでもそれは、参考意見。

もちろん、その判断によっていい結果が生まれるのが一番。
でも、たとえ結果が芳しいものではなかったとしても、
自分で選択した道ならば、最終的には納得がいくのではないかな。

とにかく、引き続き強く生きて行きましょう。

そして、一人でも多くの人に明るい未来がきますように!

Stay Strong Japan!!!!!

Related posts